【ユニクロ&GU】カーディガンの品質、毛玉のできやすさを比較してみた

スポンサーリンク

ユニクロとジーユーのカーディガンの毛玉、ヨレ具合などの品質を比較

ユニクロとGU。値段が安いのはGUだけど、品質が気になるところ。

特にニット系は、安いものを買うと毛玉ができたりして長持ちしません!

というわけで、今回はユニクロとGUのカーディガンを10日間ずつ着続けて、劣化具合、毛玉のでき具合を比較してみました。

今回買ったカーディガン

今回は、

  • ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガン(2,990円)
  • GU/ワイドリブコクーンカーディガン(1,990円)

を比較しました。

全く同じ素材、価格のカーディガンが見つからなかったため、人気のカーディガンを選びました

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガン(ピンク)と

毛玉ができやすい素材って?

毛玉ができにくい素材は、基本的に天然素材のものと覚えておくといいでしょう。

  • 毛玉ができにくい素材・・・・・綿やウール、カシミヤなど
  • 毛玉ができやすい素材・・・・・アクリル、ポリエステル、ナイロンなど

中でもカシミヤは、他の繊維と比べても細く、空気をたくさん取り組むことができるので、軽くてあたたかくて高保湿。

前回、GUのアクリル100%のカーディガンを買って大失敗したので、今回は除外しました。

2つの素材はというと…

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガン(ピンク)とジーユーのワイドリブコクーンカーディガンの素材タグ

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガン

  • 綿 95%
  • カシミヤ 5%

GU/ワイドリブコクーンカーディガン

  • レーヨン 48%
  • 綿    32%
  • ナイロン 20%

素材だけ見ると、「おそらくユニクロの方が毛玉ができにくいのではないかなぁ」と予想できます。

購入する際、素材をチェックしましたが、やはりGUは化学繊維中心のカーディガンが多かったのです

10日間(10回)着続けた結果

寝ている時間以外、交互に10日間着ていました。

どちらも洗濯は一度もしていません

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガン

思ったより毛玉ができませんでした。

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガンを10回着た時の状態(毛玉など)

去年のGUコクーンカーディガンに比べればかなり優秀…!

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガンを10日間着たときの袖の汚れ具合

▲袖部分は少し毛羽立ちができてきています。

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガンの毛玉

▲一番毛玉がひどいのは手首からひじにかけての部分。

それでも全体的にかなり優秀な状態だと思います…!やっぱりカシミヤのおかげでしょうか。

GU/ワイドリブコクーンカーディガン

GU/ワイドリブコクーンカーディガン▲黒くて分かりにくいですが、思ったよりキレイです…!

10回着用したGU/ワイドリブコクーンカーディガンの袖の毛玉のでき具合

▲気になる袖の部分も、意外と毛玉はできていません。

裾のヨレ具合もチェック

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガン

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガンの裾のヨレ具合(新品の状態)

▲新品の状態

ユニクロ/コットンカシミヤ リブリラックスカーディガンの裾のヨレ具合

▲10回着用後

ヨレはほとんどありませんでした

GU/ワイドリブコクーンカーディガン

GU/ワイドリブコクーンカーディガンの裾のヨレ具合(新品の状態)

▲新品の状態

GU/ワイドリブコクーンカーディガンを10回着用した後のヨレ具合

▲10回着用後

予想以上に毛玉ができませんでした。

やはり素材のせいでしょうか。

私の中のGUのイメージを一気に下げたGUコクーンカーディガンは、アクリル100%というのが原因だったのでしょう。

(今回はレーヨン:48%、綿:32%、ナイロン:20%※天然素材が多ければ多いほど長持ちするといわれている)

▼去年購入した「GU/ドルマンコクーンカーディガン」。アクリル100%。すぐに大量の毛玉ができました。

ジーユーコクーンカーディガンの毛玉がひどい

着心地はやっぱりユニクロのカーディガンが良かった

やはりカシミヤが入っているだけあって、あたたかさも着心地もユニクロのほうが良かったです。

カーディガンを選ぶときはデザイン以外にも、着心地と素材も大事。

ニットの服を買う前に、

  • 毛玉ができにくい素材・・・・・綿やウール、カシミヤなど
  • 毛玉ができやすい素材・・・・・アクリル、ポリエステル、ナイロンなど

という知識を覚えておくことをおすすめします。

コメント