Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレット。質感や収納力、使用した感想

スポンサーリンク

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレット(ベージュ)購入レビュー写真

財布の人気ブランド「Ungrid」の中でも、何度も売り切れと再入荷を繰り返しているのが、このクロコ風型のお財布。

がま口タイプが欲しかったのですが、ずーっと売り切れているためファスナータイプを購入しました。

>> 楽天でUngrid(アングリッド)の財布を探す

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押し財布の特徴

  • がま口タイプとファスナータイプ、長財布タイプがあり一番人気はがま口タイプ
  • 本革ではなく合皮
  • カード類が意外と収納できる
  • 1万円以下で買える手ごろな価格
  • 何度も売り切れになっている
  • 人気のカラーはグレイ、ベージュ、ダークブラウン

商品情報

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレット(ベージュ)購入レビュー写真
カラーはベージュにしました。

売り切れになりやすいのは、ベージュ、グレイ、ダークブラウンあたりです。

  • 定価:税込6,490円、(がま口タイプ/税込7,040円、財布/税込7,040円)
  • 素材:本体 – 合成皮革、裏地 – ポリエステル100%
  • サイズ:縦9.5cm×横10.0cm×マチ3.5cm
  • カラー:カーキ、パープル、ベージュ、ブラック、ブルー、キャメル、ダークブラウン、グレイ、アイボリー、ミント、オレンジ、ワイン、イエロー、パイソン/グレイ、パイソン/ベージュ

購入レビュー・使った感想

光沢があり、見栄えする

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレットの光沢、質感

合皮ですが、光沢があり高見えします。皮の色あせ具合などがリアルです。

ファスナーは開け閉めしやすい

よくファスナーが途中で突っかかってしまう財布があり届くまで心配でしたが、開け閉めはスムーズです。

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレットのファスナーのロゴ

▲ファスナーの引手部分にもロゴがあります。

重さは140gで軽量

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレットの重さ計測(40g)

販売ページには重さの記載がありませんでしたが、自宅で測ってみると140gでした。

財布自体はとても軽量。

カードは意外と入る

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレットのカード収納例

この状態で9枚入っています

ただ、厚みのあるカードをたくさんいれると財布がパンパンに膨れてカードも取り出しにくいです。

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレットのカードをたくさん入れた状態

小銭が取り出しやすい

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレットの小銭入れ収納例

小銭入れは2つに分かれていて、間口が広いので探しやすく量も入ります。

気になった点と注意点

心配なのは引っ掻き傷

爪で引っ掛けたくらいでは付きませんが、バッグのファスナーに巻き込んだりピンなどで引っかいてしまうと傷がつきやすいです。

これはこういった質感の素材である以上、注意して使うほかありません。

合皮の財布は傷むと使えなくなるので注意

合皮の最大のデメリットは長持ちしないこと

本革だと使いこめば使い込むほど味が出ますが、合皮だと正直劣化具合がひどくて買い替えることになります。

スタディオクリップの合皮の財布を1年使った状態

▲こちらはstudio clip(スタディオクリップ)の合皮の財布を、1年3ヶ月使ったときの状態です。

スタディオクリップの合皮の財布を1年使った状態(横側の剥げ)

▲擦り切れてボロボロに。

後日談:小銭入れに黒い跡が

使い始めて1週間、外側にはなにも傷はついていませんが、小銭入れ部分に黒い跡がついているのを見つけました。

Ungrid(アングリッド)のクロコ風型押しミニウォレットの小銭入れにできた黒い汚れ

これは防ぎようがないので仕方ありません。

Ungrid(アングリッド)の財布は高見えする

私は飽き性で短いスパンで財布を買い替えるので、このくらい手ごろな価格でこの品質の財布は重宝します。

サブの財布として使うのにもちょうど良いと感じました。

Ungridには本革の財布も売っています。ただ、同じ値段くらいのものはもっと小さめのミニサイズ。

「1年以上は使いたい」、「長持ちさせたい」という方は、本革の財布を買った方がコスパは良いです。

>> 楽天でUngrid(アングリッド)の財布を探す

コメント